Caelum

💙❤️💚💛💜
あなたと紡いでゆく季節は眩しく光満ちて

@我已经匿名了

迟来的report,等到现在才将《迷失东京》重温完。没能抢到前100超可惜(;д;) 因为在评析人物剧情的方面上我不太会写,所以当时也没有在完结的那段时间写长评qwq下次我会努力的!
书的精美出乎我的意料,封面、目录的设计都超级棒,插图特别有感觉。再次阅读的时候,因为熟知后面的情节,于是读得更加缓慢更加仔细,也发现了一些追连载时没有注意到的细节,非常惊喜!
以及我觉得有一首歌很适合这个故事,在我阅读的时候它的旋律不断响起,而有些歌词也让我联想到多个情节(嗯…各种虐点(*꒦ິ⌓꒦ີ)
↓↓↓

氷锁
RURUTIA

雪のようさ いつも君の手は冷たいね
『如雪般 你的双手总是如此冰冷』

つないだら そっと溶けてしまいそうだよ
『仿佛一牵 就会溶化』

誰に許されなくても 全部無くしても
『即使得不到谁的原谅 即使失去一切』

会いたくて 会いたくて
『我依然很想 很想 见你』

もう 戻れなくていい
『就算无回头之路也无妨』

世界の果てまで輝いてるよ 君がいる
『光辉闪耀直到世界尽头 有你在』

これ以上を望まないから
『我已不再奢望』

神様 今だけは目を瞑っていて
『神 仅于此时 合上了双眸』

僕らの過ちを
『饶恕了我们的过错』

本当は少し怖くて迷ってた
『其实 曾经稍稍畏惧过 迷茫过』

つないでも いつか消えてしまう人だと
『即便紧紧牵着 但那人也终将消逝』

思い出なんていらないの
『“我不需要什么回忆』

繰り返し胸を斬りつけるだけだから
『它只会不断地刺痛我的心 ”』

君のそんな言葉が
『你的这番话语』

僕の心を氷の鎖で締め付ける
『将我的心紧紧栓上了冰的锁链』

痛みに震えながら
『伴着疼痛 我不停颤抖』

夜に紛れて僕ら悲しい程に
『我们沉浸在夜色中 悲伤地』

罪を重ねていく
『加深我们的罪孽』

世界の果てまで輝いてるよ 君がいる
『光辉闪耀直到世界尽头 有你在』

これ以上を望まないから
『我已不再奢望』

神様 今だけは目を瞑っていて
『神 仅于此时 合上了双眸』

僕らの過ちを
『饶恕了我们的过错』

歌词来源 http://music.163.com/song/639921/?userid=385050078

end.

评论(1)
热度(1)

© Caelum | Powered by LOFTER